全国調査2012結果報告

ツバメ全国調査2012 結果報告

 (公財)日本野鳥の会(会長:柳生博,会員・サポーター数:約5万人)は、近年減少傾向にあるといわれているツバメの現状を明らかにし、その背景にどのような原因があるのか把握することを目的に、今年のバードウィーク(5月10日~16日)を機に広く全国にツバメの目撃情報の協力を呼びかけました。その結果、全国から合計8,402件の情報が寄せられ、ツバメの現状について次のことが分かりました。

1.ツバメ調査の方法

(1)調査方法

 この調査は、ツバメの置かれている状況を、インターネットや配布したツバメ小冊子等を通じて情報を集めました。
 広く一般に参加を呼びかける「わたしの町のツバメ情報(一般目撃調査)」と、主に当会会員から情報提供をいただく「ツバメの営巣環境調査(詳細調査)」に分かれています。「わたしの町のツバメ情報」はどなたでも参加できる調査で、ツバメの目撃や営巣、周辺の環境について情報を募るアンケート形式の調査となっています。「ツバメの営巣環境調査」では、ツバメの営巣状況の把握と併せて、放射性物質がツバメに影響を与えているかどうかを調べました。
 ※調査項目については、調査用フォームを参照のこと (わたしの町のツバメ情報・ツバメの営巣環境調査)

(2)全国から寄せられたツバメ情報について

 全国から8,402 件の情報が寄せられました。この情報を元に集計を行うとともに、郵便番号レベルで位置の特定できた回答6,787件(一般目撃調査)と1,535件(詳細調査)について地図化を行いました(図1)。今回47都道府県すべてから情報が寄せられましたが、特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の首都圏からの回答が多く得られました。


日本野鳥の会の自然保護活動をご支援ください

2.調査結果

(1)ツバメの分布域について

 全国から寄せられた「わたしの町のツバメ情報(一般目撃調査)」の回答者のうち99%がツバメを確認し、86%が営巣を確認していました(図2)。また今回、ツバメの生息が確認された地点と鳥類繁殖分布調査(環境省 2004)の結果を重ね合わせ比較したところ、ほぼ同様の分布であり、特にツバメの分布が縮小している傾向は認められませんでした(図3)。ツバメは、本来の生息地である里地里山の他、都市部などでも広く見られていることが分かりました。

(2)ツバメの生息数について

 繁殖期の分布は大きな変化は見られませんでしたが、「最近(10年間)ツバメは増えた?減った?」の設問に対しては、回答者のうち39%が、ここ10年間でツバメが少なくなってきていると感じていることが明らかになりました(図4)。ツバメの分布域は大きくは変わらないものの、個体数は多くの地域で減少している可能性が示唆されました。


日本野鳥の会の自然保護活動をご支援ください

(3)ツバメの減少要因について

 ツバメ減少の要因について、自由表記で回答のあった情報を集計すると、カラスによる影響が296件、また糞で汚れるなどの理由から巣が人の手で落とされている事例が216件と上位に挙がってきました(表2)。これを地図に示してみると、この2つの要因は都市近郊で多く見られました(図5、6)。
 この結果は都市部から寄せられた情報が多かったことも影響していると思われますが、今後は、詳細な繁殖率の調査などが必要でしょう。カラスについては、都市部では人の出すゴミを餌として増えているといわれています。人を頼りに渡ってくるツバメが、私たちの生活様式の変化や受け入れる人側の心の変化で、子育てがうまくいかなくなっている現状が浮き彫りとなってきました。



(4)<参考>ツバメ調査参加者から寄せられた声

<ツバメの減少について>

  • 農家をしています。今年は納屋にツバメのつがいが2組来ました。カラスに卵やひなを狙われますが、海を越えてはるばる子育てに来てくれるので、無事に育つよう見守っています。(埼玉県 女性)
  • ビルの軒先に毎年、巣を作っているのですが、最近、ビル街のゴミを早朝にねらうカラスが増え、そのカラスがツバメの巣を襲っていました。(京都府 男性)
  • 最近ツバメの数が減ってきたなと思っていました。巣が出来ると家が汚れるため、壊してしまう人も多いです。ツバメが巣を作る家は栄え、商売が繁盛すると以前は話してくださる方も多かったと思います。(茨城県 女性)
  • 10年位前から、極端に少なくなった気がします。家に巣を作られるのを嫌い壊す人や、交通量が増え、ひかれたツバメもよく見ました。最近は、飛んでいる姿は見ても、子育ては見なくなりました。(兵庫県 女性)
  • 人が長年守っていたからこそ、人のそばで巣をかけてきたのに、今では人も彼らの敵になっていると感じます。ツバメのことをもっと知ってもらう活動も、これからは必要だと思います。(愛媛県 女性)
  • 夫は鳥害対策の仕事をしていますが、最近ツバメの巣の撤去の依頼も増え、複雑な心境のようです。ツバメの減少に危機感をもっていただけにショックでした。ツバメの減少を止められるよう、多くの人に少しでもツバメに関心をもってもらいたいです。(東京都 女性)

<その他>

  • 我が家の玄関等に毎年巣を作ります。フンまみれの床を掃除するのが私の日課です。選ばれた家なので、出来る限り見守ってやりたいと思います。(愛知県 男性)
  • ツバメの世話が生きがいで、カラスやヘビ避けの囲いをして守っています。近所の人からはツバメ博士と呼ばれています。(愛知県 男性)
  • 愛犬が天国に行って以来、気持ちがふさいでいましたが、このキャンペーンがきっかけでツバメに注目するように。おかげでこころが温かくなりました。(大阪府 女性)
  • 巣作りしやすいように板を張り付けました。ツバメから幸せをたくさんもらって一日がスタートします。(千葉県 女性)
  • 私の会社(運送会社)に巣をかけていたツバメが巣立ちました。運転手さんたちが巣の下に板をつけたりカラスよけネットをかけたり、喫煙所も別の場所に変えたり、一生懸命見守りました。その様子を見た社長さんからは運転手全員に「ツバメ手当」が支給されました。(徳島県 女性)
(5)経過報告:放射性物質の影響調査

 チェルノブイリ原発事故では、ツバメに部分白化や尾羽の異常が生じたことが報告されているため、当会では主に支部会員に呼びかけ、情報を集めました。その結果、ツバメの部分白化については全国平均で5.7%、尾羽の異常は3.1%の割合で発生していました。一方、福島では、部分白化の発生率が0.6%、尾羽の異常が0%。隣接する宮城県でも部分白化の発生率が6.5%、尾羽の異常が3.2%で有意に高くなる傾向は初年度の調査では、特には見られませんでした。
 しかし、2012年7月に、宮城県内で尾羽に異常のあるツバメが複数いるとの報告が寄せられ、巣立ち後の巣を持ち帰り汚染の有無を調べたところ、5巣中2巣から、それぞれ7,200、6,700ベクレル/kgと比較的高濃度の放射性物質が検出されました。今後ツバメの被曝の有無や繁殖率などについても地域を絞って継続的な調査をする必要があると考えています。

*福島県内の部分白化の発生率数値について「6.5%」と誤表記がありました。正しくは「0.6%」ですので当該箇所を修正しました。(2013.3.15)。

※ツバメへの放射性物質の影響について
 2012年3月23日には、環境省自然環境計画課により、福島第一原子力発電所から約3キロ離れた福島県大熊町で採取したツバメの巣から、1キログラム当たり約140万ベクレルの放射性セシウム(セシウム134と137の合計)が検出されたことが発表されました※1。
 1986年に発生したチェルノブイリ原発事故では、放射性物質の影響により、ツバメに部分白化や尾羽の不均一な個体が生じたことや、放射線量の多い地域では雛の数が少ない等の現象が報告されています※2。

※1出典:環境省自然環境計画課調査結果/3月23日発表による
※2出典:Moller, A. P. & Mousseau, T. A. 2006 Biological consequences of Chernobyl: 20 years after the disaster. Trends Ecol. Evol. 21, 200-207.


日本野鳥の会の自然保護活動をご支援ください
自然保護活動のご支援を お願いします!
  • 入会
  • 寄付